新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 環境計量士登録

環境計量士登録

2021.05.10(月)

みなさん、はじめまして。 研究開発部のFです。

 

先日、「計量士登録証」が届き、無事に環境計量士(濃度関係)として登録できました。

環境計量士とは、計量法に基づく経済産業省所管の国家資格であり、濃度、騒音、振動についての計量結果を証明するのに必要になります。(私の場合は濃度)

 

環境計量士になるには、国家試験に合格後、必要な要件を満たせば登録という運びとなります。必要要件を満たすために、私の場合は、つくばの産総研にて「環境計量講習」を受講しました。さくら館に宿泊しての4日間の講習+実習では、「不確かさ」の基礎やガスクロマトグラフ質量分析・原子吸光、ICP発光分析、SOx分析(イオンクロマトグラフ法)を学び、実際に分析を行います。ICP分析実習では、講師の方に普段の測定のことを相談したり、ガスクロマトグラフ質量分析に感動したりと、日常を離れて楽しい日々を過ごしました。

 

この資格を取ろうと思ったきっかけは、社内でICPでの分析を任されるようになったことです。ICPではめっき液や処理液、排水中の金属濃度分析を行っています。

もっと装置や測定のことを学んで、社内で信頼してもらえる値を出していきたいと思いました。資格取得に際しては上司の応援もあり、社長も後押ししてくださいました。

 

資格を取得したからといって分析ができることとイコールではありません。また証明書を出すということはできません。まずは社内の必要な分析をしっかり行うことを続けることで、環境計量証明事業所の認定を目指します(と上司から)。