研究開発

  1. ホーム
  2. 研究開発
  3. めっき村人のブログ
  4. ~シンガポール出張~

~シンガポール出張~

2018.01.19(金)

新年あけましておめでとうございます。

研究開発部の樫村です。

 

年明け早々ですが、シンガポールへの出張に行ってきました。

羽田空港からシンガポール・チャンギ国際空港までのフライトは約7時間あります。

夜に日本を出国し、翌朝にシンガポールに到着するようにスケジュールを組んでみました。

まずは、往路の飛行機で早速事件が発生。

 

P1020200(調整)

表示しないモニター

 

長時間のフライトでの暇つぶしの定番は映画を見ることですが、私の座席のモニターがエラー表示で写りませんでした。なので、まずは睡眠を取ることに。何時間か寝ている間にエラー表示はなくなっていました。

 

チャンギ国際空港に到着後は、そのまま宿泊ホテルへ直行。チェックインの手配と荷物の預かりをお願いし、外を散歩することに。

天気はあいにくの雨でしたが、すぐ近くにはかの有名なマーライオン、海岸の反対側にはマリーナベイ・サンズがそびえ立っていました。

 

P1020208

マーライオン(前方)とマリーナベイ・サンズ(後方)

 

マーライオン周辺は観光客が大勢いましたが、天気が悪かった影響か時間はかからずに近くまで来ることができました。現地で生活されている方に聞いたところ、マーライオンは他にも何頭かいるそうです。お時間がある方はぜひ探してみてください。

 

観光もほどほどに、お昼からは今回の主目的である打ち合わせがありました。

訪問したのは現在、世界ランキングでアジア1位の南洋理工大学です。

敷地内には多くの施設があり、キャンパス内を移動するのに車が必要なほど大きな大学でした。

共同研究メンバーによる進捗打ち合わせの後は、研究室の見学を行いましたが、

学生の研究に対する熱意はもちろん、大学からの設備投資も多いらしく、研究をするのに最適な環境が整っていました。

P1020212

研究の主役であるカブトムシたち

 

夜はメンバーで食事を取りながら街を散策。

海外渡航経験に乏しい私が特に驚いたのが、夜でも街が明るかったことでした。東京の中心地にも引けを取らないほどの色鮮やかな電燈が広範囲にありました。

P1020218

夜の街並み

 

また、日本と大きく違う点は、タクシーが人々の足となっていることでした。市街地を走っている車の大半がタクシーで、現地に住んでいる方の多くはタクシーを呼ぶアプリを入れており、スマホ操作1つでタクシーを手配していました。

シンガポールは多民族国家であることから、料理の種類も豊富でした。今回の出張では本格的な四川料理を汗だくになりながら食べました。(辛くて写真を撮る余裕が無かった。。。)

 

道中ではノラ猫に遭遇

DSC_0055

世界ネコ歩き(シンガポール編)

シンガポールで報告書の仕上げも行い充実な出張でした.