研究開発

  1. ホーム
  2. 研究開発
  3. めっき村人のブログ
  4. 大阪に二度行きました

大阪に二度行きました

2017.11.18(土)

ピーコです.
大阪に二度行きました。(二回言いました。)

一度目は,10月25日に開催された電気鍍金研究会への参加です.
「ゲルめっき」に関する講演をしてきました.
会場は大阪鍍金会館,めっきの歴史ある「玉造」にあります.

 

まずは,貴重な講演の機会をくださいました藤原会長,小林先生,長瀧先生,電気鍍金研究会の皆様に感謝を申し上げます.

 

電気鍍金研究会は,関西拠点のめっき研究会です.
会場では,講演要旨も綴じ込まれた電気鍍金研究会会誌を頂戴しました.

その内容の充実度に驚きました.
まためっきに対する啓蒙を強く感じ,関西めっき者層の厚さのワケを知ることが出来ました.

玉造DSC_0011

 

玉造は,大阪環状線にあります.
新大阪から玉造駅までに「天満駅」を通ります.
天満は,「てんま」とアナウンスされていました.「天馬」の発音です.

アナウンスを聞いて,玉造も「たまつくり」と呼んで良いものか,
大阪天満宮はどうなのかと不安を覚えました.

 

もう一枚のお写真は,大阪鍍金会館の玄関横に鎮座されて居られます大阪鍍金組合初代会長の宮林翁の銅像です.

宮林翁DSC_0009

「全鍍連(2016年2月号の巻頭言)」に,玉造,宮林会長について説明された名文がございます.
興味を抱かれましたら,是非とも,ご一読ください.インターネット上からも閲覧できました.

 

二度目は,11月16日-17日に開催された(株)島津製作所と(株)島津テクノリサーチ主催の第35回マイクロアナリシス研究懇談会に参加です.
会場は,大都会梅田駅に隣接した阪急ターミナルビルです.
島津の方々には大変お世話になりました.感謝を申し上げます

 

YDKでは,EPMAをめっき開発の解析ツールとして多用しております.
その利用方法についての講演の機会をいただき,これもゲルめっきを中心に話して参りました.
この大阪の前夜は,京都に泊まりました.
下の写真は,その夜に表敬訪問をした居酒屋です.

oda_JIRO_SENIN_DSC_0044

下京区因幡堂町にあります.
薬師入来を本尊にする福聚山平等寺の三門の横です.
表敬訪問というのは,この居酒屋に行けば,仙人に会えるためです.
仙人は昭和6年のお生まれ,北大出身,恵迪寮々長,一級建築士等々が,ご経歴でございます.
芥川龍之介の杜子春に出てくる仙人を思い出します.
研究開発の鋭気を養ってきました.

 

出雲大社に神様が集まるように,居酒屋にはちらほらと仙人が集まるようです.
この居酒屋にリジットな壁はありません.カーテンです(羅紗なのもかしれません).
写真は,お客さんとして来られていたもう一方の仙人のシルエットをとらえたものです.

かしこ

 

ピーコ